住宅ローン頭金なしおすすめ

住宅ローンは頭金なし貯金なしでも大丈夫?

昔は住宅購入に必ずといっていいほど必要だった頭金。でも今は住宅ローン頭金なしというのも、普通になってきたようですね。頭金がなくても住宅を購入できるということは、貯金が少なくても夢のマイホームを手に入れることが可能だってことですよね。だから、借家で賃貸料を払って住むよりも、早めにマイホームを買って、賃貸料の分を自己資産に充てるという合理的なこともできますね。そういったメリットはあるものの、頭金がないということは、それだけ返済金額が大きくなるため、月々の返済負担はかなり大きいものになりますよね。そうなると審査だって当然厳しくなってくるし、頭金なしで家を買えたとしても、景気の悪化でローンを返済できず、家を手放さなければならない危険性っていうのは高くなりますね。

頭金なしで住宅を購入できるということは、頭金を貯めるのが難しい人にとってはありがたいかもしれないけど、返済負担率が大きくなってしまうため、リスクの高い買物になっちゃうんでしょう。結論としては、頭金なしで家を購入するよりも、ある程度お金を貯める努力をして、頭金を払って購入した方がベターってことですね。その方が、将来的な負担が軽減され、ローン返済ができないといったリスクも小さくなりますから。

ただ・・賃貸料を払うのとローン負担があまり変わらないのであれば、頭金なしで住宅を購入するという選択もいいんじゃないかな。賃貸料って何も手に入らないで支払うお金だし、ムダにお金を払う期間を失くした方が、合理的は合理的ですよね。頭金なしでローンを組む場合は、負担が大きすぎない程度の家の購入を考えるべきでしょう。頭金もないのに、ランク上の生活を試みると、後々大けがしてしまいそうですからね。身の丈の生活をするってことが一番大事なんでしょう。

住宅購入って家計にとってはかなり負担が大きいことだし、とにかくムリをしないで支払いができる額の住宅で妥協することも必要ですよね。頭金がない場合には、少し安めの物件探しをして、確実に返済できるようなローンを組まないとね。負担が大きければ大きいほど、不景気の波が押し寄せた時のシワ寄せは大きくなっちゃうし・・。頭金がないなら、その分を差し引いた金額で家の購入を考えないといけないでしょうね。返済ができなくて手放すことになったら、これほど悲しいことはありませんから・・。不景気に見舞われても、なんとか返済できるだろうという額を頭に叩き込んでから、家を購入すべきなんじゃないかな。

審査が甘い住宅ローンならどこがいい?

審査が甘い住宅ローンを組もうと思ったらまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。

銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど住宅ローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。

申し込みをする所による審査が甘い住宅ローンの審査の違いは特別違った点はありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。

店舗にいく手間がないので非常に人気です。

また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。

ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを検討されている方も多いでしょう。

借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。

借り換えをすると、返済額が減る事もあります。

ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。

理由は、借り換えにも多少の金額がかかるからです。

無料で借り換えOKという所はほとんどありません。

借り換えにはそういったケースも含め返済シュミレーションなどを利用し借り換えをした場合のメリットを事前に調べると良いと思います。

住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。

それは団体信用生命保険という名前の保険です。

団体信用生命保険という物は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローンはすべて無くなる。

という保険です。

これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。

保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。

自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。

将来、審査が甘い住宅ローンの申込みを考えている方は支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

まとまったお金が入った時に返済できれば、一ヶ月あたりに返済すべき金額が減るので負担が軽くなります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。

そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、案外少なくトータルで見ても半分以下の方しかいないのです。

どうしても何かあった場合に備えないという方は、銀行によって可能な任意返済も視野に入れてみましょう。

今後、審査が甘い住宅ローンを利用する予定のある方、利用中の方もどんな方も知らないと10年後に知っている人と大きな差がつく、これを見たらすぐに実行したくなる節税の方法をご案内します。

申請するのとしないのでは年間約30万円も違うので、気付いた今からでも申請可能か問い合わせてみましょう。

申請可能となる方の条件として新築を建てた方、それから、住んでいる家を改装した方が対象になります。

更にローン期間が10年以上である事が必要条件になります。

今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。

その理由として固定を選択すれば、一定の金額を支払えば良いので気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。

しかし、変動は毎月の返済金額が異なるために返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。

それなのに、低い金利が続いている今の世の中では全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。

このような調査結果も出ているので、一つの資料として参考にし今後の負担を少しでも軽く出来るよう資料探しから始めませんか。

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。

ローンの金利には大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。

あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行側から薦めなどはありません。

基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。

どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

参考:住宅ローンどこがいい?銀行ランキング!【2018年おすすめ】

もしも、住宅ローンを返済中に失業してしまったら残りのお金をどう返済していけば良いのでしょうか。

問題が起こっても事前に対処出来るようにしておきましょう。

大切なのは焦らずに今の自分の状況を知ることです。

クビになった原因が会社側か自分にあるのか、理由によっては、退職した後の支給金に大きな差が出るからです。

職場の事由であれば、失業手当が1年間支給されるはずなので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。

但し一回でも延滞してしまうと、続けられなくなるので今、自分が何をすべきなのか冷静に考えて行動しましょう。

将来、自分の家を新しく建てる予定がある方、お金はいくらかかるのか、何年かけて返済していけば良いのか、知りたい方はシミュレーションで試算してみると良いでしょう。

臨時収入を当てにして返済を考えるのか、そうでないのか何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、実際にかかる住宅ローンがいくらなのか分るので参考になります。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、人気商品をいくつか比べることも出来るので試してみて下さい。

ただ、これが明確な数字ではないので注意しましょう。

直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。

マイホームの為に思い切って審査が甘い住宅ローンを申込みしたけど、審査に落ちた…なんて方は意外と少なくないのです。

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。

3年以上務めているか、健康は良好かも判断基準になっています。

クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、仮審査に通っても本審査は難しい場合が多いです。

それでも納得のいかない方は問い合わせをしたり、過去の記録を見返すなどチェックしてみましょう。

何事もなく借入れをするためにきちんと調べておきましょう。